O邸 その57

昨日の続きです。吸い付き桟です。「反り止め」

最近では金属のアングルなどで代用する方もいますが、手間は掛かり

ますが木で組む方が有効だと思います。

完成しました。

 

O邸 その58

今日もケヤキの加工です。便所のカウンターです。

割れ止めに千切り「ちぎり」をつけます。アクセントにもなりますね。

接着剤を塗り、打ち込みます。

仕上げて、水廻りに適した自然塗料を塗り完成です。

 

O邸 その59

今日から現場です。居間のテレビ台と地袋を作ります。

左側にテレビを置きます。

ケヤキの柱を付けます。

 

この前加工した、ケヤキの板を取り付け完成です。

 

O邸 その60

今日は居間の地袋に掛かりました。敷居を入れた所です。

床は桧のフローリングを貼ります。

今日はここまで。

 

O邸 その61

今日は、打ち合わせがあり地袋は上の床板を貼れませんでした。

玄関ホールでは壁を貼り始めました。

 

O邸 その62

二階和室では、掃除屋さんが柱を磨いています。「日焼け止めの、との粉を落としワックスを塗ります。」

 

私は地袋完成です。

 

O邸 その63

下駄箱を組み立て中です。

 

 

私は、仏壇を置く床を貼っています。桧の床板です。

完成しました。

 

O邸 その64

便所では天井を貼ってます。材質は杉です。

私は巾木を取り付けたり、打ち合わせがあったり、行ったり来たりでした。

台所では天井が終わりました。天井、壁はクロスを貼ります。

 

O邸 その65

2月だというのに暖かい日が続いています。春が近づきリフォームに適した季節がやって来ます。ここ最近リフォームの見積りや依頼が数件立て続けにあり、今日も午前中2軒打ち合わせに行きました。

今の立場になり思いましたが、仕事は縁も有りますが、私の力では無く父や祖父が、一歩一歩、一つ一つやって来たこそ今があると思っています。私も一つ一つ、やって行きたいと思います。有り難い限りです。

男便所では腰壁を貼り始めました。杉板の浮造り「うずくり」仕上げです。

木は夏にかけて成長して、冬は成長しません。

夏目は柔らかく冬目はかたくなります。木の年輪を見れば分かり易いと思います。夏目は柔らかいので、特殊な道具を使えば夏目は削れ、冬目はかたいので削れません。凸凹の仕上がりになります。これが浮造りです。

 

O邸 その66

今日は、2階で左官屋さんが上塗りしています。

私は、和室の長押を取り付けています。

男便所は後少しです。綺麗ですね。