東屋工事

以前、東屋の工事をしたので紹介します。

組み立てです。

とても暑い日でした。

真ん中の梁は桧になります。

完成しました!!

屋根がある事で、テーブルの劣化も防げますし

何より庭が引き立ってきますね^_^

 

新築工事I邸 その19

I邸では完成まで残り僅かとなりました。

左官屋さんが上塗りをしているところです。

今では和室が少なくなってしまいました。若い大工は、和室を造る場が無い為、覚える事が出来ません。職人の技術が無くなってしまいます。

外では基礎屋さんが犬走りの工事です。

タイル張りも進んでいます。

新築工事I邸 その18

下駄箱の天板加工です。タモ材です。

加工しました。

側板とは吸い付き桟で組みます。

叩いて入れ込みます。

水に強い浸透性塗料を塗ります。

こちらは下駄箱の吊り戸棚です。

ガッチリ固定して

棚を付けて完成です。

建具が入るのが楽しみです^_^

足場も外れました^_^

外壁の色も明るく、木部が引き立ちとても綺麗です!

キッチンの組み立てです。

新築工事K邸 完成「仮」

完成しました^_^

仮というのは、玄関の土間が後々という事です!!

軒の出も深くカッコイイです!!

玄関入り口の土庇です。木目が出て綺麗ですね!!

玄関です。

 

下駄箱も広く沢山靴が入ります。

天井は、お施主様の希望で急遽変更になりこの形になりました。

民家風です。外観と合い綺麗ですね!

リビングです。楢のフローリングです。時間と共に味わいが出ます。

大柱は欅です。

お子様の勉強机と本棚です。

カウンター兼物入れです。沢山収納出来ます。

キッチンからの景色です。

キッチン横にある食品庫です。

階段吹き抜けです。天窓からの明かりが広がります。

階段から見上げました。

K邸ではお施主様が自ら設計をされ、家族の事をとても考えて設計されたと感じる面が随所にありました。お施主様のイメージを崩さぬよう、それ以上に満足して頂けるよう頑張りました。結果、大変喜んで頂き嬉しく思います。

今の時代には珍しく、外壁、屋根と木を沢山使う貴重な仕事をさせて頂きました。どこに居ても木の温もりが感じられる暖かい仕上がりになり、改めて木の良さを感じました。

また何かお気付きの点がありましたら

気兼ねなく連絡下さい。この度はありがとうございました。

 

 

新築工事I邸 その17

階段も完成しました。大工工事も終わりに近づいて来ます。

トイレのカウンターの材料を選択しています。

栗の板です。何枚もありますが、長さ、巾、色、などを考えると限られてきます。削っては省き、削っては省きが続く事もあります。

苦労しても自然の木の魅力はそれ以上の物があります。^_^

木取りをして

鉋で削って

浸透性の自然塗料を塗り完成です。

リビングの物入れも取り付けました。

リビング天井板です。ホールの天井板と違い赤白の板です。

木の味わいがあり綺麗ですね!壁を貼ると更に引き立ちます。

新築工事I邸 その16

和室の天井です。その下はナラのフローリングの自然塗料仕上げです。

張る前に空気に触れさせ、環境に馴染ませます。

無垢のフローリングは、建材とは違い湿度で伸び縮みをします。

湿気が多いと膨張してむくり、乾燥すると隙間が出来ます。言い返せば調湿機能がありますが欠点でもあります。

しかし無垢の木は、科学物質も含まれませんし、年月と共に深みが出て成長し続けます。これからが楽しみです。

無垢の木は 色合いも一定ではないですが、そこも綺麗ですね!

玄関の天井で、杉の羽目板です。

 

洗面所の床は檜のフローリングです。

水に強い浸透性の自然塗料を塗りました。

新築工事I邸 その15

 リビング天井の下地です。

杉板を張ります。

キッチンの吊り戸棚の下地を取り付けました。

少し感じが出て来ました。

新築I邸 その14

ご迷惑をお掛けしました。久しぶりI邸です。

今週から窓枠、建具枠の加工に入りました。

木材は杉になります。

浸透性の自然塗料を塗り出番を待ちます。

新築工事K邸 その13

K邸では大工工事も終わりに近づきました。

毎回、何処の現場でも名残惜しく、寂しい気持ちになりますが・・・

みんな同じ気持ちなのか

現場が、家になる間近になると雰囲気が違ってきます。

これがわかるのは、始めから最後まで携わる大工の特権かなっ?と思うと

仕事をさせて頂き有り難く思います。

待ちに待った

足場が外れます!!

1階は、杉板の外壁で2階は左官の掻き落としです。

カッコイイですね!!

残りラストまで頑張ります!!

新築工事K邸 その12

玄関の天井です。

古民家風にしたいということで、塗装した杉の梁を取り付けます。

そこに桟を入れ・・・・

杉の板を取り付けます。

ダウンライトの穴を開けて完成です。

雰囲気が出て来ました^_^